私が試した対処法を紹介します。
最初にお伝えしますが、試した対処法が皆さんに効果があるとは言い切れません。なぜなら私もいろいろなサイトで紹介している対処法を試しましたが、正直効果があったのは数個ですし、人それぞれできることとできないことがありますので。
あくまでも参考情報としてお聞きください。

 

それでは私が試して効果があった対処方法を紹介します。

 

足を揉む・つねる・ストレッチする

これは誰もがやることです。というか何かしなくてはじっとしていられないので、手っ取り早いのがこの手法になるからです。
少しは効果があると思います。ですが、皆さんも経験している通り、すぐにどうにかなるというわけではないですよね。
寝る前であれば、揉んだりつねったりできますが、ストレッチは一度起きないとできないわけで。
また、仕事中や映画館での映画鑑賞中に、もぞもぞストレッチなんてできないので、厳しいですよね。

 

筋トレをする

ストレッチに似ていますが、私の場合は、かかと上げ運動をしました。足にどうしても刺激が欲しくて。
疲れが少し出るくらいがベストです。やりすぎて、次の日筋肉痛になってしまうと、それはそれでムズムズし始めますので、程よい感じがベストかと思います。肩の周りがムズムズし始めた場合は、肩甲骨を鍛える筋トレがおススメです。
腕に発症した場合は、普通の腕立ては内側の筋肉を付けるので、腕立てではなく、肘立てがおすすめです。肘立てとは私が勝手に名前を付けたものですが、腕立て伏せの体制で、肘を付けて肘をあげる。肘を付けて肘をあげるといった要領で行う筋トレです。主に二の腕の部分を鍛える運動になります。これで少しは腕のむずむずを紛らわすことができると思います。

 

お風呂に入る

これは家にいるときじゃないとできませんが、私はむずむずし眠れない場合シャワーを浴びることが多いです。
夏の場合は水を足にかけます。夏でも冬でも、ムズムズしたら湯船につかって目を閉じているといつの間に治っているケースが多いです。
というかそのまま寝そうになりますが。。。。眠いのに眠れないのがレストレスレッグス症候群ですから、眠い状態で足が治れば、寝ちゃいますよね。。。

 

いかがだったでしょうか?
最後のお風呂に入るのは、私は効果がありました。家じゃないとできませんが。
是非お試しめしくださいね!

 

むずむず脚症候群解消法の詳細ページに戻る